株式会社いかの墨の求人・採用情報

新潟海鮮居酒屋を主とした飲食店運営企業・グループ内20店舗以上運営/よね蔵グループ内企業(シニア世代積極採用中!)
株式会社いかの墨の画像1枚目

50歳以上の方へメッセージ

株式会社いかの墨では、10年以上前からシニア採用を取り入れてきました。 その結果現在50代20名以上、60代10名以上、70代1名が在籍しており 最年長では70歳のスタッフも在籍しており、 今後も積極的に経験豊富なシニアの方の採用を取り入れていきたいと考えています。 弊社では再雇用65歳以降も、お互いの合意があれば継続勤務する事が可能であり、 シニア世代の方でも長期的な勤務が可能となっています! 実際に最年長で70歳のスタッフも在籍しており、50歳以上の平均勤続年数は15年となっています。 シニア世代の方でも長期的な勤務が出来る点も特徴で、今後も積極的にシニア世代の活躍の場を創っていきたいと考えています! 私達は年齢だけで採用・不採用を判断せず 知識や技術、責任感を持って仕事する姿勢を評価していますので、 ぜひ年齢に気負いせずご応募頂ければと思います。 シニア世代の方でも入社後は、OJT形式でベテラン社員が教えていますので 徐々に仕事の流れに慣れて頂ければと思います。

事業内容・会社特徴

【事業内容】 飲食店経営 【グループ一覧】 ■株式会社よね蔵・有限会社葱八  新潟県燕市井土巻5-174フジタビル2階 運営店舗:よね蔵燕三条店・葱ぼうず駅南店・海老の髭古町店、串カツ田中新潟駅前店(FC店)・串カツ田中(FC店)、よね蔵東京サンケイビル店 ■株式会社 遊酒家  新潟県加茂市大字加茂2606-1 運営店舗:よね蔵 加茂店・ビストロ椿 【グループ運営店舗一覧】 ・いかの墨 新潟駅前店 新潟県新潟市中央区東大通1-5-24 ・いかの墨 新宿駅南口店 東京都渋谷区代々木2-6-3 ・いかの墨 新宿駅南口マインズタワー店 東京都渋谷区代々木2-1-1 B1F ・いかの墨 大宮店 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-48 ・ICHIE 新潟県新潟市中央区天神2-137-37 ・海老の髭 新潟県新潟市中央区古町通八番町1433-2 ・よね蔵 分水店 新潟県燕市分水栄町3-9 ・葱ぼうず 新潟県新潟市中央区笹口1-10-1 ・ビストロ椿 新潟県新潟市中央区花町1981-1 ・えびす鯛 新潟県新潟市中央区弁天1-3-3 ・たこの壺 新潟県長岡市城内町2-2-2 ・よね蔵 吉田店 新潟県燕市吉田下中野247-28 ・よね蔵 燕三条店 新潟県三条市須頃1丁目46 ・よね蔵 加茂店 新潟県加茂市大字加茂2606-1 ・キンキラハイボール酒場 新潟県長岡市城内町2-3-6 ・よね蔵 東京サンケイビル店 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB2F ・串カツ田中 新潟駅前店(FC) 新潟県新潟市中央区花園1-6-1 ・串カツ田中 長岡駅前店(FC) 新潟県長岡市大手通2丁目2-2 大手セブンビル1階 【よね蔵グループの経営理念】 よね蔵の考える「感動」とは ● 「感動」とは…お客様の持っている事前期待を上回る対応をすること ● そのために、すべきことは一人一人がお客様視点(お客様の立場になって)で考えること ● お客様の期待を上回ることを続け、「すいませーん(お呼び出し)」を「ありがとう」に変えて行こう ■感動や喜びを与えるポイント「心配り」と「気配り」 「心配り」…相手の心情をくみ取り、予測される事態に応対する 「気配り」…間違いや失敗のないように注意を行き届かせること 【 ミッション】 うまい新潟を全国に発信する 【信条】 一、情熱を持って行動します 一、プロ意識を持って行動します 一、お客様を第一に考えます
50歳以上の勤務状況
  • 50代 20〜29名在籍中
  • 60代 10〜19名在籍中
  • 70代以上 1名在籍中
最高年齢
70歳
定年
60歳
再雇用
あり (65歳まで)
再雇用上限後の雇用
お互いの合意があれば可能
株式会社いかの墨の画像2枚目

事業の強み

【おもてなしの心と3つの柱】 ■ 3つの柱 1. Quality【商品力】 2. Hospitality【接客力】 3. Atmosphere【雰囲気】 ■おもてなしの心 飲食業として、これまでは【商品力】が重要だとされていました。 しかし近年では【接客力】【雰囲気】の二つも大きな要素として重要とされています。 うまいのは当然なのです。その味・品質を維持しながら店のもつ“心”の部分をどう伝えていくのか? 【NOと言わないサービス】 たとえどんなご要望であれ『NO』=『できません』と言ってしまってはサービスを放棄したも同然です。 『確認してまいります。少々お待ちくださいませ』と『できません』の違いは心の違いです。 『できかもし れない。できる事ならしてあげたい!!』結果としてできないかもしれませんがこんな心が大切なのです。 【マニュアルではないその人それぞれのサービス】 例えば、常連のお客様がおられるとします。そのお客様にはお気に入りの席がある場合、あなたは毎回、 お客様に【マニュアル】通りに『どちらのお席がよろしいですか?』と聞きますか? 『◯◯様、いつものお席をご用意いたしますね』と言われたほうが良いですよね? 【マニュアル】といわれる作業を行っているだけでは、お客様に満足・感動を提供できるわけがありません。 【マニュアル】とは店舗で働く仲間と同じルールのもとに仕事をしていく上で必要な基本事なのです。 その先に本当の【おもてなし】があるのではないでしょうか? 人は十人十色です。お客様のご要望も同様なのです。 別々のお客様に同じサービスをして喜んでいただける場合と不愉快に思われる場合も実際にはあるのです。 忘れてはいけない事は常にお客様一人一人と【一対一である】という事です。 接待・送別会・歓迎会・記念日・お祝いなどのご宴会内容によってもお客様によってもスタッフによっても その人それぞれのサービスがあっていいのです。 私達は毎日お店を営業しています。 私達にとっていつもと変わらない毎日はどうしても【作業】になりがちです。 しかしお客様にとって私達のお店で外食するという事はもしかしたら月に1回の特別な日なのかもしれません。 そんな日を『最高に楽しい時間にしてあげたい!!』とスタッフ一同で努力・創意工夫する姿勢が大切なのです。 先味・中味・後味というものがあれば、味はもちろん・接客・雰囲気も含めて『さすがだね、きてよかった』という“後味の良さ”がお客様の満足感であり、それがサービス業の真髄だと思います。

会社概要

会社名
株式会社いかの墨
所在地
新潟県 中央区 東大通一丁目5番24号
業界
サービス・医療福祉・教育 > フード・飲食・レストラン
設立
2006年
株式公開
非上場
代表者名
中島敬二
従業員数
423 人
平均年齢
40 歳
男女比率
男性:6 割  女性:4 割