みつい訪問看護ステーションの求人・採用情報

患者自ら選択できる自律的で質の高い看護がモットーの訪問看護を提供する企業【シニア世代積極採用中!】
みつい訪問看護ステーションの画像1枚目

50歳以上の方へメッセージ

みつい訪問看護ステーションでは創業時から年齢にこだわらない採用を行っています。 今までに10名以上のシニア世代の方の採用を行い、 現在社内には50代2名在籍しております。 社内の平均勤続年数は5年、50歳以上の平均勤続年数は10年、 直近1年以内に退職した方はおりません。 定着率の高さも当社の特徴の1つです。 定着率の高さの秘訣は、 「公共交通機関を利用しての移動」 「中抜け可能」「1日4〜5件」 「直行直帰可能」 といったスタッフの負担を減らした環境にあります。 また、私達は年齢、経験に拘らず、人物重視の採用活動を行っております。 当社は、患者様は勿論、薬剤師などの医療関係者との連携を取りながら働きます。 そのため、真面目な方、正直な方は最適な環境だと思いますので、年齢に気負わずご応募いただけたらと思います。 また入社後は先輩社員が付き、 OJT形式で勤務に慣れていただくまでサポートします。 不安なことはすぐ報告してくだされば、 シフトなどの変更も可能ですのでご安心ください。 最後に、現在、当社は会社の中核になって頂ける方を募集しております。 長期的に良い環境をつくりたい方、 生涯現役を希望するシニア世代の方のご応募、お待ちしております。

事業内容・会社特徴

【皆様のご自宅が、病室です。訪問看護ステーションは、ナースステーションです】 ■看護観 『看護とは、科学的根拠に基づき、芸術的センスを持ち、創造力豊かに展開されなければならない』 ■経営理念 1.必要なときに必要な量、高品質な訪問看護サービスが提供できる 2.患者様の人生が豊かであるための努力を惜しまない訪問看護師の育成・派遣ができる 3.専門性の高い、高度な知識と技術、豊かな感性、慈しみの心を持った訪問看護師の育成派遣ができる 4.患者様が、日常生活を営むために必要な保健医療サービス、福祉サービスが、適切に利用できるよう関係機関全てとの多職種連携を推進しその要となるステーションとなる 5.次世代の人材育成に貢献できるステーションとなる 6.患者様だけでなく、スタッフの人生にも目を向けた施設運営、スタッフ個々が、目指す看護・リハビリテーションを実施できるような施設運営ができる 【当訪問看護ステーションの果たす役割&機能】 ・一般的な看護全般・治療の継続援助 ・リハビリテーション(身体機能、嚥下機能、言語機能、認知機能) ・合併症治療(緊急レスキューなど) ・人工呼吸器など高度医療機器管理〜一般医療機器管理 ・各種ルート管理・服薬管理・栄養指導 ・術前カンファレンス・術後ケア ・退院指導及び退院計画援助 ・外泊援助・生活支援及び援助(社会生活、家庭生活) ・学校や企業等の産業医等コーディネート ・病児保育、療育支援及び援助、両親のケア ・一般開業医支援、ダブル主治医、専門医のコーディネート ・ターミナルケアから遺族援助 ・同業社及び異業種のOJT及び後方支援 ・学生のインターンシップ、研修
50歳以上の勤務状況
  • 50代 2名在籍中
最高年齢
59歳
定年
65歳
再雇用
あり (年齢制限なし)
みつい訪問看護ステーションの画像2枚目

事業の強み

【創業経緯】 現在、合同会社コミュニティケア代表であり、 千代田区訪問看護ステーション連絡会会長としても第一線で働く、 代表取締役三井由美子は学業修了後から30年間、様々な病院で看護師として働いてきました。 急性期医療を中心に全ての科に従事し、居宅介護支援センターや訪問看護・介護ステーションなどの設立にも携わり、所長職も務めてきました。 その中でケアマネージャーの資格を取得し、2010年からは訪問看護ステーションに勤務していたのですが、その施設が閉鎖されることに、すると患者様たちから、なくなっては困ると多くの声が上がりました。 そこで急ピッチで準備を進め、2012年4月に「みつい訪問看護ステーション」を設立しました。 時代の流れを見て、これからは在宅看護の重要性が高まってくると考え、 前勤務先の患者様を受け入れる形で、当施設をスタートしました。 設立に際しては患者様の声に背中を押されただけでなく、 今までかかわってきた多くの医療関係者の方にも支えられました。 【ネットワーク】 現在、その人脈を活用して、当施設では幅広い医療のネットワークの構築に取り組んでいます。 東京23区内でも区によって医師の人数にも医療設備にも差がります。 できれば区を越えて綿密なコミュニケーションがとれるようにして、 患者様の居住区にかかわらず最適なサービスを提供できるのが望ましいです。 しかし、現状そうした体制はまだできあがっていないため、 私共で見本を示そうと取り組んでいます。 病気の診療や緩和ケアなど内容に応じた専任の医師を、 区の垣根を越えてコーディネートすることで、より専門的な治療が受けられます。 この場合、一人の患者に複数の医師がかかわることになりますので、 情報を共有できるようクラウドシステムも整備、オンラインで時間・場所を問わずやりとりができるようにしています。 【治療法を患者自ら選択できる自律的で質の高い看護を考える】 私達は、終末期医療について、本来なら患者様自身で決めるべきだと考えています。 人生の終末期にどこでどういった治療を受け、誰とどのように天命を全うするのか、あるいは看取るのか…… それらの選択の手助けをするために、私共がまず医師に話を聞き、 患者様に各選択肢のメリット・デメリットも含めてご説明しております。

会社概要

会社名
みつい訪問看護ステーション
所在地
東京都 千代田区 飯田橋1-8-9 ニューシティハイツ703
業界
サービス・医療福祉・教育 > 医療・福祉・保育関連
特徴
  • 女性活躍中
  • 退職金あり
設立
2012年
株式公開
非上場
代表者名
代表社員 三井由美子
代表者年齢
51歳〜55歳
従業員数
9 人
平均年齢
35 歳
男女比率
男性:0 割  女性:10 割 
過去売上
2021年 6500万円