医療法人財団厚生協会 東京足立病院の求人・採用情報

精神科外来・アルコール外来・専門病棟完備/こころの医療と高齢者医療の病院運営(シニア世代積極採用中!)
医療法人財団厚生協会 東京足立病院の画像1枚目

50歳以上の方へメッセージ

医療法人財団厚生協会 東京足立病院では、1年以上前からシニア採用を取り入れてきました。 現在50代100名以上・60代60名以上・70代以上30名以上が在籍しており、 総勢190名以上のシニア世代が勤務しております。 今後もよりシニア世代の採用を取り入れていきたいと考えております。 また弊社では再雇用に年齢制限を設けておらず シニア世代の方でも長期的な勤務が出来る点が特徴でもあります。 実際に最年長で87歳の方も在籍しています! また50歳以上の定着率の高さも特徴で 50歳以上の平均勤続年数は15年となり、50歳以上の方が安心して働ける環境を整えています。 私達は年齢だけで採用、不採用を判断せず 穏やかなコミュニケーションや真面目に取り組む姿勢を評価して採用しますので、ぜひ年齢に気負いせずご応募いただければと思います。 実際に過去には65歳の採用実績があります! シニア世代の方でも入社後は、 マンツーマンで業務をお教えしますので、徐々に仕事の流れになれて頂ければと思います。

事業内容・会社特徴

人と人とのふれあいが私たちの職場。 整った生活環境の中で、ひとりひとりが思い描く未来へ。 【外来のご案内】 充実した専門外来で、患者の皆様がより良い在宅生活を送れるようサポートしております。 当院では、皆様のご要望に応えられるようにアルコール外来、 うつ・リワーク外来、老人外来等の専門外来を開設して、精神科医療の充実を目指しております。 ・精神科外来エントランス ・精神科外来待合室 ■アルコール外来 継続したアルコール医療を提供します お酒をついつい飲みすぎてしまう、依存症の入院や治療について相談したい…などでお困りの方。 診察以外でも、アルコールミーティングが毎日行われるほか、 女性専用のミーティング、家族教室や家族ミーティングを行っています。お困りの方は、アルコール担当者までご連絡ください。 ■うつ・リワーク外来 気分障害や不安障害、適応障害等で休職中の方に対して、復職を支援します。 仕事や人間関係による過度なストレスなどがきっかけで、眠れない、気分が落ち込む、やる気が出ない等の症状がみられることがあります。 また、「何か悪いことが起こるのではないか」と不安や緊張から、 考えがまとまらない、何も手につかないなど、日常生活に支障をきたすことがあります。 このような症状のある方は、早めに相談し治療を受けることがとても大切です。 ■リハビリ外来 当院のリハビリテーション外来は下記の患者さまのリハビリテーションを行っています。 ・対象者 1. 他院で行われた骨折などの整形疾患に対する、手術や治療後のフォローアップを希望の方 2. 変形性膝関節症などの変形性疾患や肩関節周囲炎(五十肩)などの疼痛や症状の緩和、改善を希望の方 3. 脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)等による後遺症に対する回復、維持期のリハビリを希望の方 ■老人外来(認知症・うつ病・不眠症等) 患者さまに合った治療・対策をご提案します。 老人期の精神障害においても、期発見・早期診断が重要です。 認知症状やうつ状態、不眠などが起こることで、日常生活や社会生活が困難になるため、 医療・福祉・介護を総合的に診ていく必要があります。 そのためご家族や身の周りの方々が、日常の些細な言動の変化を見逃さず早めに相談することをお勧めします。
50歳以上の勤務状況
  • 50代 100名以上
  • 60代 60〜69名在籍中
  • 70代以上 30〜39名在籍中
最高年齢
87歳
定年
63歳
再雇用
あり (年齢制限なし)
医療法人財団厚生協会 東京足立病院の画像2枚目

事業の強み

【入院のご案内】 入院治療は院内の約1000坪の広さを活かし、開放的な治療を提供しています。 ベッドサイド看護のみならず病棟ごとのレクリエーションやサークル活動など様々な日課を通じ、 患者の皆さまへの働きかけや関わりを大切にしています。 ・病室(2床室) ・病室(3床室) ■精神科急性期 中央4F病棟(精神科救急病棟1) 精神科全般(急性期症状・慢性期の急性増悪・身体合併症・ 認知症等)の患者さまを常に幅広く受け入れております。 急性期症状の回復を優先し、集中的な治療を計画的に行い、 入院から3ヶ月までの期間を目安として自宅への退院を目標とした治療を行っています。 (対象:措置入院・応急入院・鑑定入院・医療保護入院・任意入院) ■精神科一般 本館4F病棟 アルコール専門治療病棟(精神科急性期治療病棟1) 離脱症候群(離脱症状)の現れやすい断酒開始当初を過ごす閉鎖エリアとアルコール治療プログラムを行う開放エリアに分かれており、 アルコール依存症及びアルコール関連疾患を主に専門治療を行っています。 【当施設について】 ■職員独身寮 本館6階に職員寮(18室)が、別館ハートパル花畑に有資格者寮(22室)があり、 寮室は全て個室でユニットバス・トイレ・ミニキッチン・空調・家具等付きであり、 若いスタッフや地方から就職される職員に整った生活環境を提供しております。看護進学コースの職員も入居できます。 ■万一の大規模災害時には、地域の救急福祉拠点に 万一、大きな災害が発生した場合、避難所の在り方がとても大事になってきます。 一次災害から逃れることができても、 避難所の劣悪な環境によってインフルエンザの蔓延や衰弱で亡くなってしまうケースは少なくありません。 当院は震災が起きたとき、なんとか地域の要援護高齢者と障害者だけでも守ることができたら、 という願いから災害時に率先してお年寄り等を受け入れることができるスペースと設備を確保した設計になっています。

会社概要

会社名
医療法人財団厚生協会 東京足立病院
所在地
東京都 足立区 保木間5-23-20
業界
サービス・医療福祉・教育 > 医療・福祉・保育関連
設立
1958年
株式公開
非上場
代表者名
理事長 関 晶比古
従業員数
600 人
平均年齢
40 歳
男女比率
男性:4 割  女性:6 割